えいごふるのプロフィール

こんにちは、えいごふる@英検対策です。

えいごふる では「英検」の勉強方法について情報を発信しています。

① 過去の経歴

わたしの英語に関する経歴をまとめました。

小6の3月:母から初めて英語を習う

英語の早期教育とは全く無縁の家庭で育つ。

中学校に入る前に母から1か月約30分くらい英語を学びました。これが初めての英語。

This is の This をこのとき覚えました。

中1:英語の成績は「3」

初めての英語の成績は5段階で3でした。本当に英語は平均でした。

高2:アメリカに交換留学(10日間)

高校生活がつまらなすぎて、堕落しているところに、高校の姉妹校の交換留学制度があることを知りました。

親に自分のお年玉で留学すると告げ、アメリカに行くことに。

日本人だけの観光もあり、現地の方と交流するのは実質5日間だけしかなかったけど、人生を変える転機となりました。

大1:TOEIC 475

英語を学ぶため、英語学科のある大学に入りました。

大学に入ったときに強制的に受けさせられたTOEICは475でした。

大学でも真面目に毎日3時間の英語学習は続けました。

大2:英検準1級に合格
   塾講師のアルバイトを始める

2級は飛び級して準1級に挑戦しました。一発で合格することができました。

先輩のコネで塾で英語を教えることになりました。

大3:英検1級に連続不合格

英検準1級までは落ちることがなかった英検、1級には大苦戦しました。

大4:TOEIC 860 (L440 / R420)

TOEICは好きじゃなかったので、TOEICはあまり受験していませんでした。

しかし、最後くらい頑張ろうと思い、自称「TOEICマスターの友人」から勉強法を聞いて2週間勉強したら860点とれました。

結局、大学で英検1級は取れませんでした。

社1~3:英語とは無縁の企業へ

英語が使いたい職を選んで、英語面接まであったのに、配属先は全く英語を使わないところでした。社会って理不尽ね…

社4~5:英語を使って仕事をする

IT関連の仕事で英語を使って仕事をしました。自分のスピーキング力のなさを痛感。

社6 ~:英語の教員として勤務
    英検1級も取得する

もともと英語の教員になりたいという夢があり、夢を実現させました。

教員になってからも何度か英検1級を受験して不合格になりました。

しかし、10回以上挑戦してようやく英検1級を取得することができました。

幼少期からガツガツ英語をやっていたわけでなく、中1から英語の勉強を始めて今に至ります。

② ブログの実績

ブログの実績はまだまだぺーぺーですが、「英検1級 単語帳」や「英検準1級 単語帳」と検索すれば上位トップ5くらいに入るようになりました。

1日あたりのPVも100を切らなくなってきました。

英語のブログサイトとしてはまだまだですが、英検のサイトと言えば「えいごふる」と言われるようになるまでがんばります。

Xで英検の情報や勉強法の配信をしています。

有益な情報配信できるように努めています。

③ 当サイトの記事について

わたしは情報を発信する際に、自分の経験則だけではなく、第二言語習得論(SLA)に基づいた発信を心がけています。

どちらの本も非常におすすめです。個人の経験則ではなく、研究に基づいた知見が多く掲載されています。

今、日本の英語学習に関する情報は、ブログであれYoutubeであれ、個人の経験則に基づいたものが非常に多いです。

しかし、英語教育に約10年携わってきて感じることは、「間違った勉強」をしている人が非常に多いということです。

この現状を変えたいと思い、世界に情報を発信することができるブログを運営することにしました。

第二言語習得論に基づいた勉強法

本サイトの記事は、第二言語習得論に基づいた勉強法です。

各記事において、専門用語は一切つかっていませんが、第二言語習得論に基づいた勉強法です。

特にわたしは、「多読多聴」の効果を信じています。

英語力を高めるためには簡単な英文を多読多聴した方が良いと言われています。

簡単な英文とは、辞書を使わなくても95~98%はわかるような長文のことを指します。

わたしの書いた記事では必ず多読多聴をするような流れになっているので、確実に英語力を上げることができます。

自分の経験だけではなく、日ごろから第二言語習得論について学習し、情報発信を心がけています。

④ 2024年の目標

・英検1級合格 (一次試験:6/2、二次試験:7/7)

・ケンブリッジ英検 CAE合格 (11/9土 or 11/16土)

・ブログの認知度を上げる
 今4000~5000PV/月→10万PV
 SNSフォロワー800→1万

2024年は英語とSNSに投資していきます。

⑤ さいごに

ここまで読んでいただきありがとうございます。

さいごに当ブログの人気のあるコンテンツを紹介します。

えいごふるトップページ