【早慶単語ルート】英検準1級は必須!!オススメ単語帳まとめ

この記事はこんな疑問を解決します
・早慶のおすすめ単語帳が知りたい。
・早慶単語はどのくらい必要か知りたい。

GMARCHよりもかなり難しい早慶英語に立ち向かう勇者たち、いらっしゃい。

この記事を読めば早慶英語に必要な単語帳がわかります

わたしは現役で高校生に英語を教えていて、教え子は毎年数十名早慶に合格しています。

GMARCHを狙うのと早慶を狙うのとでは雲泥の差です。

単語帳で迷っている方は最後までおつきあいくださいね。

0.勉強の流れ

まずは結論!

まずは結論!この記事の流れ

①大学受験レベルの単語を覚える

 速読英単語(必修)がオススメ
②英検準1級レベルの単語を覚える
 英検準1級単熟語EXがオススメ

③熟語を覚える

 英熟語ターゲット1000がオススメ

④過去問をやる

 単語ノートを作成する(準1級合格後)
⑤さらに語彙を強化する

 速読英単語(上級)がオススメ

英検1級の単語はやらない

今回お伝えしたいポイントは、早慶に合格するためには「英検準1級の単語は必須」であり、「英検1級の単語は不要」ということです。

それでは、それぞれ見ていきましょう!

1. 大学受験レベルの単語を覚える

早慶の単語学習で一番大切なことは、基礎の徹底です。早慶といえども基礎です!

英検2級 < 大学受験レベル < 準1級 ≦ 早慶レベル

大学受験と英検のレベルを比較するとこのようになります。

早慶英語に対応するためには英検準1級相当の単語力が必要です。

大学受験で必要な語彙数は4,000 ~ 5,000語と言われています。英検準1級に関しては7,500語必要です。

わたしは現在高校で高校生に英語を教えています。早慶に合格している人の多くが準1級に合格しているので、準1級レベルの単語は必要です。

しかし、何ごとも基礎が大切です。

まずは、大学受験レベルの単語をマスターしましょう。

今から大学受験レベルのオススメ参考書を紹介します。学校で配布されている単語帳を使っても構いません。

新たな気持ちで新しい単語帳が欲しい方は、以下の単語帳のうち1つを選んでください。

Amazon でレビューが高く、わたしも実際に見て良いものだけを激選しています。

速読英単語 必修編[改訂第7版増補版]

収録語彙数:1,945語
 (4.5)
長文 70
 (5)
2022年出版 7訂版
 (5)
おすすめ度
 (5)

一番おすすめの単語帳です。

多聴・多読をしながらリーディング・リスニング・語彙力を同時に鍛えることができる単語帳だからです。

英語力を上げるためには簡単な英文の多読・多聴が効果的だと言われています。

この単語帳を使って3か月で偏差値10以上アップしている生徒も少なくありません。

共通テストで速読力も求められているので、単語力&読解力を上げることができるのでオススメです。

速読英単語 必修編[改訂第7版増補版]

収録語彙数:2,000語 + 多義語180語
 (5)
ミニマル・フレーズ
 (4.5)
2019年出版 5訂版
 (4.5)
おすすめ度
 (4.5)

ミニマル・フレーズが特徴的な参考書です。

多くの単語帳は例文がのっていますが、シスタンは例文がなく、ミニマルフレーズだけです。

巻末に入試で問われやすい多義語についても180語記載がある点が素晴らしいです。

例文よりもミニマルフレーズが好きな人にオススメです。

英単語ターゲット1900 6訂版

収録語彙数:1,900語 + 巻末340語
 (5)
スタンダード
 (4)
2020年出版 6訂版
 (4)
おすすめ度
 (4)

一番オーソドックスな構成の単語帳です。

6訂版から巻末に英検準1級によく出る単語200とTEAPによく出る単語140が追加されました。

余計なこと考えず、ゴリ押ししたい人にオススメです。

昔から多くの受験生に愛されてきた一冊です。

2. 準1級レベルの単語帳

早慶合格には英検準1級の単語が不可欠です。昔は「準1級あれば有利」という認識でした。

しかし、今は準1級に合格して初めてスタート地点に立ったと言えます。

河合模試や駿台模試で偏差値70くらい取れても、準1級の単語力がないと過去問に手も足も出ない人が多いです。

ちなみに、わたしの勤務先では高3で偏差値70とる生徒の75%以上は準1級に合格済です。

※わたしが高校生の頃は準1級取っているひとなんて皆無でした

英語が小学校から義務教育になったということもあり、受験生のレベルも上がっています。

そんなライバルと戦っていくためには、準1級+過去問の語彙力が必要です。

英検準1級 単熟語EX ジャパンタイムズ

収録語彙数: 2400語
 (5)
レイアウト〇
 (5)
2023年出版
 (5)
おすすめ度
 (5)

準1級の単語帳の中で一番おすすめの単語帳です。

2023年の3月30日に改訂されました。語彙数はパス単の1900語よりも多い2400語となっています。

パス単の語彙選定は、英検準1級の語彙・長文・リスニングなどの全体から行われました。

一方で、単熟語EXの語彙選定は、語彙問題を中心に行われました。

そのため、単熟語EXはパス単よりも難しい単語が多いです。

Amazon のレビューでも「パス単5訂版は簡単すぎ」という声が多いので、パス単では心配という方にオススメです。

レイアウトはいたってシンプル。重要度順に単語・意味・例文がのっているだけです。

パス単との違いは例文が少し短いです。

準1級 でる順パス単 5訂版

収録語彙数: 1900語
 (4)
オーソドックス
 (4.5)
2021年出版
 (4.5)
おすすめ度
 (4)

英検のなかで一番有名な単語帳です。

2021年に改訂され、1分間確認テストなども付き、以前よりも使いやすくなりました

改訂されてから、単語のレベルが簡単になったという低評価のAmazonレビューがあります。

しかし、この単語帳を使って英検準1級に合格している生徒も多いです。

もともとパス単を持っている人はそのままパス単を使ってOKです。

心配であれば前述した単熟語EXをオススメします。

3. 熟語を覚える

大学受験では熟語の知識が得点に直接つながることが多いです。

Next Stage は Vintage の熟語だけでは語彙がやや少ないので、1冊補強しましょう。

熟語は英検準1級の単語帳と並行して進めていきましょう。

英熟語ターゲット1000 5訂版

収録語彙数: 約1000語+80語
 (5)
レイアウト〇
 (5)
2021年出版
 (5)
おすすめ度
 (5)

個人的に一番おすすめの熟語帳です。

似た熟語(up がついた熟語など)が同じページに掲載されているので、見やすいです。

万人受けするようなレイアウト構成になっています。

熟語帳は改訂されないものが多い中、5訂版となり、人気があります。

速読英熟語 Z会

収録語彙数: 約1000語
 (4)
長文 60
 (5)
2000年出版
 (2.5)
おすすめ度
 (4)

『速読英単語』と同じく、この参考書にも60の長文が収録されています。

リーディング力を鍛えながら熟語を鍛えることができるので、一石二鳥です。

しかし、一番のネックは2000年から改訂がされていないことです。

昔はこの参考書が一番だったのですが、20年以上改訂されていないことがマイナスポイントです。

内容やコンセプトは良いので、やや古い内容でも気にならない方はオススメです。

解体英熟語 改訂第2版

収録語彙数: 約1000語
 (4)
レイアウト〇
 (4.5)
2006年出版
 (3)
おすすめ度
 (4)

こちらも2006年出版とやや古めです。

収録熟語数は1000と申し分ないです。

レイアウトはやや独特ですが、好みが合えば使っていきましょう。

システム英熟語 5訂版

収録語彙数: 約1500語 多すぎ
 (2.5)
レイアウト〇
 (5)
2019年出版
 (3)
おすすめ度
 (3.5)

熟語の収録数が他の参考書と比べて約1.5倍もあります。

実はわたしもこの参考書を学生時代に使っていました。

しかし、あまりにも熟語が多すぎてモチベに悪影響を与えたりしました。

他の受験生に圧倒したい人は購入してもいいですが、ほかの教科とのバランスも良く考えて購入を考えてください。

4. 過去問をやる

英検準1級レベルの単語帳、熟語帳1冊が終わったら過去問にとりかかりましょう

過去問をやるタイミングは大学受験レベルの単語を覚え終わった後でも構いません。

早慶の問題では他学部で出た熟語問題が違う学部でそのまんま出たということがよく起こります。

なので、同じ形式の問題がある学部の問題をしっかりやっていきましょう。

早稲田の英語[第10版]

慶應の英語[第10版]

英検準1級に合格している方は、知らない単語をノートか暗記カードにまとめましょう

早慶英語では英検1級にも出てこない単語が多く出題されます。

準1級に合格していないひとが過去問の単語を覚えても効率が悪い場合です。

また、一度出題された熟語問題が数年後ちがう学部で出題されるというケースが少なくありません

一度問題になったことのある熟語は他学部のものでもしっかり暗記しておきましょう。

5. さらに語彙を強化する

早慶を志す勇者のみなさん、最後の仕上げです。

ここまできたら敵なしです。

速読英単語 上級編 改訂第5版

収録語彙数:1,200語 + 接頭語 接尾語
 (5)
長文48
 (5)
2023年出版 5訂版
 (5)
おすすめ度
 (5)

速読英単語の上級編はかなりオススメです。

速読英単語必修編と構成は同じです。

プラスαで未知語の推測についてや、接頭語・接尾語の知識についても記載されています

長文の構文も非常に難しいので、実力がついてきたら使ってみましょう!

最低でも偏差値60はないと読みこなせない単語帳です。

大学入試英単語 SPARTA3

収録語彙数:1,000語
 (4)
too simple
 (2.5)
2023年出版
 (5)
おすすめ度
 (4)

好みが分かれる1冊。やるにしても直前1か月。

英語の教育者的には例文がないのがオススメできない。よく言えばシンプル。

単語とその意味と単語に関するコメントが載っています。

直前期に単語を叩き込むという使い方以外はオススメできない単語帳です。

しかし、大学受験の単語帳でこの難易度を扱っている単語帳はほかにないので、そういった意味でやる価値はある。

この単語帳は必須ではありません。余力がある場合にやりましょう。

6. 英検1級レベルの単語帳

基本的に英検1級レベルの単語帳は不要です。

1級レベルの単語帳をやるよりも、ほかの科目に時間を使った方がタイパが良いです。

まだ高校1・2年生で、英語が好きすぎて、すでに準1級も取得しているという猛者ならやってもいいですが、よほどなことがない限りオススメできません。

高校3年生がやる場合は判定がAの人のみやってください。B以下の人は1級の単語やりたくなったら、単語帳はゴミ箱へ入れましょう。

英検®1級単熟語EX 第2版

収録語彙数: 2950
 (5)
レイアウト◎
 (5)
2023年出版
 (5)
おすすめ度(早慶には不要)
 (1.5)

英検1級を受験する人は単熟語EXがオススメです。

EXの語彙数は2,950に比べてパス単が2,400となっています。

この単語帳をやれば無敵です。ただ、ほかの科目優先

収録語彙数: 2400
 (4)
オーソドックス
 (4.5)
2021年出版
 (5)
おすすめ度(早慶には不要)
 (2.5)

逆に1級は受験しないけど語彙力を増やしたい人はパス単の方がオススメです。

パス単は単熟語EXよりも収録語彙数が550少ないからです。

いずれにせよ、早慶の合格にはオーバーワークになってしまうので、注意が必要です。

7. まとめ

わたしがもう一度大学受験をするなら、このルートで参考書を使います

まず速読英単語で基礎をつくる。

次に英検準1級の単語と熟語を併行して覚える。

英検準1級レベルの単語を覚えてきたら過去問に挑戦する。

過去問をやりつつ、多読をしながら語彙力を強化する。

共通テストが終わってからでもいいので、直前期に単語を詰め込む。

SPARTA やるかどうかは他の科目の出来次第。

8. さいごに

今回は早慶英語に合格するための単語帳を紹介しました。

単語帳選びは英語学習において非常に大切です。なぜなら、単語学習は多くの時間を費やすことになるからです。

わたしは現在も高校生に英語を教えていて、何十名も早慶に合格させています。

今回紹介した単語帳をやれば早慶レベルに到達すること間違いなしです。

早慶英語には準1級合格が不可欠です。

参考にどうぞ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です