【2023年度】英検準2級に一発合格する勉強法とおすすめ参考書

・準2級の勉強法は?
・おすすめ参考書が知りたい!

という質問をよく受けます。

「やる順番」と「やり方」を間違えなければ、英検準2級に一発合格することができます

しかし、やみくもに勉強しても合格できません。

今回は、現役で高校生に英検指導をしているわたしが、英検準2級に合格する実践的な方法をお伝えします。

勉強法

① 3級の単語を復習する
 →英検3級 文で覚える単熟語がおすすめ

② 準2級の単語を覚える
 →フレーズシステムがおすすめ

③ 多読多聴をやる
 →つきっきり英検準2級がおすすめ
④ 過去問をやる
 →英検準2級過去問集がおすすめ

⑤ ライティング対策をする

 →英検準2級ライティング完全制覇がおすすめ

・英検準2級にどうしても合格したい!

という方はぜひ最後まで読んでいってください。

❶ 3級の単語を復習する

まず最初に3級レベルの単語を復習しましょう。

3級の復習はどの単語帳を使っても大丈夫です。

すでに持っているものがあればそれを使ってもOKです。

新たな気持ちで勉強したい人は、こちらの単語帳がオススメです。

英検3級 文で覚える単熟語 4訂版

収録見出し:1,010語
 (4.5)
長文 70
 (5)
2022年出版 4訂版
 (5)
おすすめ度
 (5)

英検と言えば「パス単」という声が多いですが、わたしは「パス単」よりも「文単」をオススメしています。

文単は単語だけでなく、リーディングやリスニングの練習もできるからです。

パス単よりも単語の量は減りますが、3級を復習する目的では十分です。

3級を復習するのに一番おすすめの単語帳は英検3級 文で覚える単熟語です。

出る順で最短合格! 英検3級単熟語EX 第2版

収録見出し:1,290語
 (4)
例文が簡単&短め
 (5)
2023年出版 2訂版
 (5)
おすすめ度
 (4)

数年前から人気が出てきている単熟語EXです。

パス単よりも例文が短いのが特徴です。

収録単語が3級の単語帳の中で一番多いので、復習に使うにはややヘビーかもしれません。

3級の単語帳の中でも難しい単語が多いのが単熟語EXです。

英検3級 でる順パス単 5訂版

収録見出し: 1200語 (単語900 熟語300)
 (4)
オーソドックス
 (4)
2021年出版 5訂版
 (5)
おすすめ度
 (4)

一番オーソドックスな単語帳はパス単です。

単語はゴリゴリ覚えていくのが好きという人にオススメです。

昔はパス単一択でしたが、新しい英検の単語帳が出てきたため、やや人気が落ちています。

それでもまだシェアはNo.1なので、みんなと同じ単語帳を使いたい人はパス単がおすすめです。

❷ 準2級の単語を覚える

いよいよお待ちかね2級の単語帳を紹介します。

先ほども言いましたが、3級の復習をやってから準2級の単語帳をやりましょう

試験はライバルが知らない単語を知っているよりも、ライバルが知っているのに自分が知らない単語があると不利です。

ライバルよりも「基礎がない」ということになってしまうからです。

基礎をしっかり固めてから準2級の単語帳をやりましょう。

英検準2級 単熟語 フレーズシステム

収録見出し:1.431語
 (5)
ミニマルフレーズ
 (5)
2022年出版
 (5)
おすすめ度
 (5)

システム単語の準2級版です。

長い例文は非効率!ミニマル(最小限)フレーズで覚えるシステムで効率よく英語力をつけることができます

過去問の分析だけではなく、今後出そうな単語までカバーされています。

フレーズシステムは個人的に一番おすすめです。

出る順で最短合格! 英検準2級単熟語EX 第2版

収録見出し:1,450語
 (5)
例文が簡単&短め
 (5)
2023年出版
 (5)
おすすめ度
 (4.5)

さいきん人気がでている単熟語EXです。

システムフレーズは1文ではなく、フレーズ。パス単は1文。

その間くらいの例文の長さなのが単熟語EXです。

大問1の語彙問題に対応できるように、準2級の単語帳の中では難しい単語がのっています。

2023年に大幅改定され、簡単すぎる単語は削除されて、より実践的な内容になりました。

フレーズシステムのミニマルフレーズが好きではない人は、英検準2級単熟語EXがオススメです。

英検準2級 でる順パス単 5訂版

収録見出し: 1500語 (単語1,100 熟語400)
 (4)
オーソドックス
 (4)
2021年出版 5訂版
 (5)
おすすめ度
 (4.5)

昔から人気のパス単です。

昔は英検の単語帳はパス単しかありませんでしたが、ほかの出版社から英検の単語帳が増えてやや不調気味です。

構成は一番オーソドックスな内容になっているため、万人受けする単語帳です。

収録見出し語は他の単語帳よりも多いですが、全体的に簡単な単語が多いです。

シェアはNo.1なので、みんなと同じ単語帳が良い人にはパス単がオススメです。

❸ 多読多聴をやる

多くの受験生は単語ばかりやってリーディングやリスニングの勉強がおろそかになりがちです。

今から紹介する参考書でリーディングとリスニングをやっていきましょう。

つきっきり英検準2級

176 ページ
 (5)
声を出す
 (5)
2021年出版
 (5)
おすすめ度
 (5)

今までなかったタイプの参考書つきっきり英検準2級です。

すべてリスニングから始まり、リピーティングやシャドーイングをしていく形式の参考書です。

リスニングだけではなく、重要表現も多く入っているので、リスニングが苦手な方は非常にオススメです。

英検準2級 文で覚える単熟語 4訂版

収録見出し:1,310語
 (4.5)
長文 8×10テーマ
 (5)
2022年出版 4訂版
 (5)
おすすめ度
 (5)

文で覚える単熟語は長文があり、長文で出てきた単語をおぼえる単語帳です。

わたしは文単を多読多聴用で使うことをオススメしています。

勉強法

①何も見ないでリスニング × 2

 →おおまかな内容がわかればOK

②精読する × 1

 単語・熟語・構文などわからないところを確認

③音読する × 3

 CDよりも早く読めるように音読

④シャドーイング → リスニング → シャドーイング する
 シャドーイングして、聞き取れなかったところを確認するため、何も見ずリスニングをします。最後の締めでもう一度シャドーイング
⑤最後に音読する × 1

 CDよりも早く音読する

上の①~⑤を1つ30分以内にやります

30分以上かかってしまいそうな場合はもう次にいって大丈夫です。

2周目に30分以内で終わればOKくらいの気持ちでやりましょう。

文単は英検の過去問から長文が抜粋されているので、長文の傾向が本番と同じです。

英検で多読多聴をする場合は、文単もおすすめです。

速読英単語 入門編[改訂第3版]

収録語彙数:1,400語
 (4.5)
長文 68
 (4.5)
2021年出版 3訂版
 (4.5)
おすすめ度
 (4.5)

文単と同じような形式の速読英単語入門編です。

難易度は準2級とほぼ同じです。

使い方は文単と同じなので ↑ を確認してくださいね。

大学受験も併行してやっていきたいという人にはおすすめです。

❹ 過去問をやる

準2級の単語を50%くらい覚えることができたら過去問をやっていきましょう

週に1回分ずつでいいので、少しずつやることをオススメします。

「単語覚えたらやる」

と言った95%のひとは、時間がなくて結局、過去問をやらないで受験することになります。

過去問はなるべく早い段階でやっていきましょう

英検準2級過去問集 (英検赤本シリーズ)

過去問9回分
 (5)
ドラゴン竹岡先生
 (5)
2023年出版
 (5)
おすすめ度
 (5)

ドラゴン桜のモデルになった竹岡広信先生が書いた過去問です。

過去問の数が9回分と、準2級の過去問集の中では一番多いです。

解説もわかりやすいのでおすすめです。

値段も6回分のものと100円も変わらないので、9回分の過去問がのっている英検準2級過去問集がオススメです。

英検準2級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)

過去問6回分
 (4)
オーソドックス
 (4.5)
2023年出版
 (5)
おすすめ度
 (4.5)

過去6回全問題集は一番オーソドックスな過去問です。パス単や文単と同じ旺文社から出版されています。

実際の過去問なので、自分の実力を把握するのに最適です。

ライティングとスピーキングの模範解答が少しレベルが高すぎて参考にならないこともあります。

先ほど紹介した竹岡先生の過去問が気に入らなければ、こちらを購入しましょう。

❺ ライティングをやる

最後はライティング対策です。

よく教え子の中に「ライティングはノー勉です!」となぜか誇らしげに言ってくるひとがいます。

しかし、ライティングの配点は3分の1です。

英検は「ライティングゲー」と言われているほど、ライティングの結果によって合否が左右されるので、きちんと対策することがたいせつです。

最短合格! 英検準2級ライティング完全制覇

12問のオリジナル問題
 (5)
コンテンツブロック
 (5)
2020年出版
 (5)
おすすめ度
 (5)

英検準2級ライティング完全制覇はライティングの参考書で一番おすすめです。

一部のライティングの参考書では、模範解答が賛成しかなかったり、反対しかなかったりします。

しかし、これはすべての問題に対して賛成と反対の模範解がついているので、安心です。

いろいろな文章で使える「コンテンツブロック」が特におすすめです。

コンテンツブロックとはそのまま答案に使える理由のことです。それが175もあるので、安心です。

英検準2級ライティング完全制覇を80%理解することができれば、ライティングで高得点間違いなしです。

英検分野別ターゲット英検準2級ライティング問題

8問のオリジナル問題
 (4)
賛成・反対の理由〇
 (5)
2020年出版
 (5)
おすすめ度
 (4.5)

英検準2級ライティング問題は良くも悪くも非常にシンプルです。

8問のオリジナル問題に賛成と反対の模範解答があります

個人的に8問はやや少ないかなという印象ですが、シンプルなものが好きなひとや、時間がないひとにオススメです。

❻ わたしがもう一度受験するなら

わたしが準2級をもう一度受験するならこの参考書を使います

英検3級 文で覚える単熟語で復習する。

フレーズシステムで2級の単語を覚える。

つきっきり英検準2級で多読多聴をする。

英検準2級過去問集で週1回分くらいやっていく。

英検準2級ライティング完全制覇でライティングを仕上げる。

❼ さいごに

英検2級一発合格するための参考書を紹介しました

参考書選びはとても大切です。

自分にあった参考書を選んで、一発合格を狙っていきましょう。

さらに合格率をアップさせたいひとはこちらの記事もどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です