【英検1級】苦手な人向けのリスニング対策!!おすすめ参考書

・1級の対策はどうすればいい?
・1級のおすすめ参考書は?

本記事ではこういった疑問に答えます。

本記事のテーマ

【英検1級リスニング対策】完全攻略ガイドとおすすめ参考書

本記事では英検1級のリスニングだけにフォーカスしています。全体像を知りたい方は英検1級に一発合格する勉強法と参考書を見てください。

英検1級のリスニング勉強法

勉強法

発音を覚える
英語発音入門 完全ガイドがおすすめ

② 準1級レベルの多聴をやる

文で覚える単熟語準1級がおすすめ

準1級の過去問をやる

英検準1級過去問集がおすすめ

④ 1級レベルの多聴をやる

文で覚える単熟語1級がおすすめ

⑤ 1級の過去問をやる
英検1級 過去6回全問題集がおすすめ

⑥ +α オンライン英会話

「勉強法」と「参考書」を間違えなければ、英検1級に一発合格することができます

しかし、やみくもに勉強しても不合格になってしまいます。

今回は、誰でもできるリスニング力アップの方法をお伝えします。

記事の信頼性

記事を書いているわたしは、教員として約10年ほど。

わたし自身、英検1級の一次試験には3回合格しており、リーディング・リスニング・ライティングすべて80%以上で合格。

1級のリスニングも正答率80%以上でした。

元々わたしも、1級のリスニングの正答率は半分以下でした…。

勉強法を見直し、いろいろ試行錯誤をかさねて1級のリスニングもできるようになりました。

リスニングが得意ではなかったので、リスニングが苦手な人の気持ちもよくわかります。

リスニングは才能ではありません。正しい努力の仕方があります。

本記事ではだれでもリスニングで8割とれる勉強をお伝えします。

読者さんへメッセージ

本記事では「1級のリスニングが聞き取れない」という方に向けて書いています。

この記事を読むことで、「英検1級のリスニングの勉強法と参考書」を具体的にイメージできるようになると思います。

・英検1級にどうしても合格したい!

という方は、さっそく見ていきましょう。

⓪ 効果的な学習法

リスニングの効果的な学習法は大きく2つ

リスニングの効果的な学習法は「英語の発音を理解する」ことと「多聴」です。

正しい「発音」を知らないと、いくら英語を聞いてもできるようにはなりません。

また、多くの受験生はリスニングの勉強量が圧倒的に不足しています。

リスニング力をアップさせるためには「多聴」が不可欠です。

「発音」と「多聴」に取り組めばリスニング力は大幅にアップします。

リスニングは何割取ればいい?

よく生徒さんから「リスニングは何割とればいいですか」と聞かれます。答えは人によるです

それはそうですよね。いったん、下を見てください。

※1: 赤は合格者平均です
※2: 上記は2022年第1回の換算表、毎回難易度によって上下する

1級の合格基準は2028点です。リーディング・リスニング・ライティングの合計が2028以上になれば合格。

3技能すべて同じ点数だと、2028 ÷ 3 = 676 です。

CSEスコア676以上とるには、リスニングは20問正解すると、680取れるという計算になります。

※リスニング問題の配点は全部同じです。

リスニング半分でも合格は可能

リスニングが半分くらいでもリーディングとライティングで8割くらいとれれば合格することができます。

先ほどの表で言うと、

リーディングの正答率80.5%

 →素点33(CSEスコア691)
リスニングの正答率55.6% 

 →素点15(CSEスコア635)
ライティングの正答率81.3%

 →素点26(CSEスコア707)
R691 + L635 + W707 = 合計2033

 →ギリギリ合格!

ご覧のとおり、リスニングの正答率は55.6%で合格点を取ることができました。

リーディングかライティングで9割とれれば、リスニングは正答率5割以下でも合格することができるということです

よって、リスニングが苦手な人は、リーディングとライティングで無双すれば合格することができます

興味がある人は英検1級語彙対策-おすすめ単語帳10選を見てみてくださいね。リスニングが苦手な人向けの記事です。

単語を暗記するのが苦手な人は、あきらめてリスニング頑張りましょう。

① 発音を学習する

まずは発音からです。

まずは発音から勉強する

リスニングの勉強をはじめる前に、英語の発音について学習しましょう。

英検1級を受験する人は、ある程度発音についての知識があると思います。

発音向上でリスニング力がアップ!

発音を覚えるとリスニング力を上げることができます。

she と sea の違いは?

この発音の違いがわかる人はこの章を飛ばしてもOKです。わからない人は続けて読んでいってください。

この単語の発音の違いが分からない人は、発音の基礎が足りていません。

むずかしい1級のリスニングをやるには基礎が大切です。

1級の合格率は10%前後

1級は準1級よりもはるかに難しいです。合格率は約10%と言われています。

当たり前ですが、1級を受ける人の多くは準1級に合格している人が多いです。

準1級に合格している人が10%しか合格できないので、難しい試験だと言えます。

そんな1級のリスニングの壁を乗り越えるためには、発音を理解する必要があります。

発音は動画で勉強する

発音は「音」なので、紙ベースで勉強するよりも、動画で勉強した方が効果的です。

いまからおすすめYoutubeを紹介します。自分の気に入った方を見てくださいね。

それではいっしょに見ていきましょう。

アメリカ英語発音入門 完全ガイド 【超有料級】by だいじろーさん

わかりやすさ
 (5)
再生数 93万(24年1月)
 (5)
動画の長さ 1時間5分
 (5)
おすすめ度
 (5)

アメリカ英語発音入門完全ガイドは、発音を学ぶのに一番おすすめです。

発音記号はもちろんのこと、リズムとアクセント・リンキング・弱形についてまで解説してくれています。

発音を覚える発音記号だけを覚える

発音を勉強するとなると、多くの人が「発音記号だけを覚える」ことだと思っていますが、それは違います。

英語はリズムやアクセントが本当に大切です。

「どうして日本人の英語とネイティブの英語が違うのか」を理解するのに、この動画はとても有益です。

たった30分で発音記号を完全攻略 by ATSUさん

わかりやすさ
 (4)
再生数 57&14万 (24年1月)
 (4.5)
動画の長さ(31分+13分)
 (5)
おすすめ度
 (4.5)

たった30分で発音記号を完全攻略もわかりやすくてオススメです。

こちらは「発音記号をまとめたもの」と「連結のルール」も見る必要があります。そのため31分+13分としています。

マイナスポイントは国際音声記号(IPA)

この動画のマイナスポイントは国際音声記号(IPA)で解説されていることです。

動画の解説で “3” や 、”ʊ”と”u”の違いについて出てきます。

しかし、英検の単語帳はIPAで記載されていないので、”3“や”ʊ”は学んでも単語帳にのっていません。

IPA以外は良い

IPAで「わかりやすさ」の評価をマイナス1にしていますが、IPAを採用していること以外は素晴らしい動画です。

ATSUさんのファンはコチラの動画をオススメします。

② 準1級を復習する(多聴)

発音をある程度理解できたら、準1級の復習をしましょう。

英語のリスニング力をアップさせるためには多聴が大切です。

95%わかる教材で多聴する

リスニングの勉強となると、難しい問題をたくさんやれば良いと思っている人もいますが、それは間違いです。

辞書を引かないでもわかるような音声を多聴することが良いとされています。

なので、1級のリスニングが聞き取れない人は準1級から復習しましょう。

できる人ほど基礎を大切にする

何ごとも同じですが、できる人ほど基礎を大切にします

できない人ほど難しいことをやりたがります。ココは謙虚に復習から始めましょう。

今から紹介する参考書で気に入ったものを選びましょう。

準1級 文で覚える単熟語 4訂版

収録見出し: 1,570
 (4)
長文16×5
 (5)
2022年出版
 (5)
おすすめ度
 (4)

文で覚える単熟語は準1級の多聴用教材で一番おすすめです。長文がのっていて、そこで出てきた単語をおぼえる単語帳です。

わたしは文単を単語帳ではなく、多読多聴用で使うことをオススメしています。

使い方

①何も見ないでリスニング × 2

 →おおまかな内容がわかればOK

②精読する × 1

 単語・熟語・構文など確認

③音読する × 3

 CDよりも早く読めるように音読

④シャドーイング × 2
 シャドーイングを2回する
⑤最後に音読する × 1

 CDよりも早く音読する

上の①~⑤を1つ30分以内にやります。

30分以上かかってしまいそうな場合はもう次にいって大丈夫です。

2周目に30分以内で終わればOKくらいの気持ちでやりましょう。

英検の過去問も載っている

文単はリーディングやリスニングの過去問から抜粋されているので、長文の傾向が本番と同じです。

英検で多読多聴をする場合はおすすめです。

リスニングパート2の過去問も一部掲載されているので、実践的な練習ができます。

この参考書の欠点は?

欠点としては、音声を聞かなくても進められてしまうので、「結局リスニングをしない」ということがあります

しかし、正しく使えばリスニング力を上げることができる参考書です。

わたしも1級を受験するときにも文単準1級からやりました。

英検のプロと一緒! つきっきり英検準1級

168 ページ
 (4.5)
声を出す
 (5)
2021年出版
 (5)
おすすめ度
 (5)

つきっきり英検準1級は今までなかったタイプの参考書です。

すべてリスニングから始まる

すべてリスニングから始まり、その後にリピーティングやシャドーイングをしていく形式の参考書です。

重要表現も多く入っているので、リスニング以外の語彙力も身につけることができます。一石二鳥な参考書です。

リスニングが苦手な方にとってもオススメです。

使い方

① まずは音声を再生する

 →おおまかな内容がわかればOK

② つきっきり英文解説をきく

 →重要だと思ったところをメモ

③ 文法と表現を確認する

 →CDよりも早く読めるように音読

④ 単語・表現をチェックする
 →音声に続いてリピーティングする

⑤ 見ながらリピート

 →英文を見ながらリピート

⑥ 見ないでリピート

 →英文を見ないでリピート

⑦ しあげのシャドーイング

 →できたか確認!

 

①~⑦の取り組み方は参考書の最初のページにかかれています。

見開きページ15分×44回

1回分あたり15分でできるので、リスニングが苦手な方でも気軽にやることができます。

リスニングが「本当に」苦手な人向け

この教材はリスニングが苦手な人向けです。復習教材と考えても「やや簡単すぎ」です。

文章の長さが準1級のパート2よりも短いので、やや物足りなくなるかもしれません。

先ほど紹介した文単が難しすぎる人にオススメです。

リスニング勉強時間ゼロの人おすすめ

この参考書は「簡単すぎ」と先ほど書きましたが、「リスニングの勉強時間ゼロ」になりがちな人におすすめです。

特に1級を再受験している人に「リスニング勉強時間ゼロ」の方は少なくありません。単語の勉強はしているけど、リスニングに手が回らないからです。

なので、半強制的にリスニングをやることになるこの参考書は、リスニング勉強をそもそも「やろうとしてもできない」ような人にオススメです。

③ 準1級の過去問をやる

参考書を進めながら準1級の過去問をやってみましょう。

週に1~2回分ずつやる

週に1~2回分ずつやるのがオススメです。

一度に全部やらないで、大問ごとにやるという方法でもOKです。

使う過去問はどれでもOKです。2回連続で正答率80%こえたら1級レベルの多聴へ進みましょう。

英検準1級過去問集 英検赤本

過去問9回分
 (5)
ドラゴン竹岡先生
 (5)
2023年出版
 (5)
おすすめ度
 (5)

英検準1級過去問集はドラゴン桜のモデルになった竹岡広信先生が書いた過去問です。

過去問の数は最多の9回分

過去問の数が9回分と、準1級の過去問集の中では一番多いのです。

値段も6回分のものと100円しか変わらないので、この過去問がおすすめです。

英検準1級過去問題集 Gakken

過去問5回 + 模擬1回
 (4.5)
オンライン英会話1回無料
 (5)
2023年出版
 (5)
おすすめ度
 (4.5)

英検準1級過去問題集はGakken出版です。過去問と合格力チェックテストがついています。

過去問5回+合格力チェックテスト1回

また、この過去問を買うと、学研のkiminiオンライン英会話が1回無料になるという素晴らしい特典がついています。

まだ外国人と一度も話したことがない方はチャンスです。

英語を話すことが今後のモチベーションにもつながるので、ぜひオンライン英会話に挑戦してみましょう。

④ 1級レベルの多聴をする

・多聴って必要なの?

多聴はリスニング力をつけるうえで効果的だと示している研究がいくつもあります。

赤ちゃんが言葉を話せるようになるのは、お母さん・お父さんの言葉をたくさんインプットしているからです。

これから紹介する参考書のうち1つを選んで多聴しましょう!

英検1級 文で覚える単熟語 4訂版

リスニング対策
 (4.5)
長文 79
 (4)
2022年出版
 (5)
おすすめ度
 (4.5)

文で覚える単熟語は先ほど「準1級の復習」でお伝えした通り、長文の中で単語を覚えていくコンセプトの単語帳です。1級の多聴用には文単が一番おすすめです。

準1級と同様、1級でも私はこの単語帳をリスニング・リーディング対策で使うことをオススメしています

使い方

①何も見ないでリスニング × 2

 →おおまかな内容がわかればOK

②精読する × 1

 単語・熟語・構文など確認

③音読する × 3

 CDよりも早く読めるように音読

④シャドーイング × 2
 シャドーイングを2回する
⑤最後に音読する × 1

 CDよりも早く音読する

上の①~⑤を1つ35分以内にやります。準1級の文単は、30分以内とお伝えしましたが、1級はやや文章が長いので35分でOKです。

35分以上かかってしまいそうな場合でも、次にいきましょう。2周目に35分以内にできればOKという気持ちでやりましょう。

英検の過去問もついている

文単はリーディングやリスニングの過去問から抜粋されているので、長文の傾向が本番と同じです。

リスニングパート2の過去問も一部掲載されているので、実践的な練習ができます。

この参考書の欠点は?

欠点としては、準1級の文単と同じように、音声を聞かなくても進めることができます。そのため「結局リスニングしない」ということになってしまうことがあります。

しかし、正しく使えばリスニング力をアップすることができる参考書です。

わたしも英検1級を受験するときに文単を使いました。

つきっきり英検1級はない

準1級の復習で紹介したつきっきり英検シリーズに、英検1級はありません。

多聴用の教材は文単がいちばんオススメです。

英検1級 リスニング問題 完全制覇

154問のオリジナル問題
 (5)
詳しい解説
 (4.5)
2019年出版
 (4.5)
おすすめ度
 (4.5)

英検1級 リスニング問題 完全制覇はジャパンタイムズから出版された本です。

勉強法が詳しく解説されている

リスニングの勉強法や問題の解き方が丁寧に書かれています。リスニングの勉強法がわからないという人にオススメです。

154問のオリジナル問題

オリジナル問題が154問もあるので、多聴するにはもってこいの教材です。

文単が好きではないにオススメです。

英検分野別ターゲット英検1級リスニング問題

150問のオリジナル問題
 (4.5)
解説△
 (3)
2023年出版
 (5)
おすすめ度
 (3)

英検1級リスニング問題は「英検1級リスニング問題150」の改定版です。

解説が過去問とほぼ同じ

先ほど紹介した「リスニング問題 完全制覇」よりも解説が簡素です。

文頭に勉強法や問題への取り組み方について書かれていますが、「完全制覇」の方がわかりやすいです。

また問題の解説も、過去問の解説とほぼ同じような解説なので、わざわざこの参考書をやる必要はあまりないと思います。

CNN10 (Youtube) やや難

CNN10は海外の学生向けのニュースです。英検1級の多聴用のリスニングに使うことができます。

毎回約10分

毎回10分で終わるので学習計画を立てやすいです。また、時事的なニュースが多いので、面白いものがおおいです。

英検の勉強を資格だけの勉強ではなく、実際に使える英語を学びたいという方にオススメです。スクリプトもあるので勉強しやすいです。

英検の勉強で疲れたときに、気晴らしで見てみると良いと思います。わたしは今でも毎日聞いています。

スクリプト↓
https://transcripts.cnn.com/show/sn

⑤ 1級の過去問をやる

多聴をしながら過去問をやる

多聴をしながら過去問をやりましょう。

1級の語彙問題とは違い、リスニングの単語レベルは難しくありません。
※パート2はやや難しい

そのため、早い段階で過去問をやってOKです。

準1級で8割とれれば、そのままの状態で準1級は4~5割はとれるでしょう。

半分も取れない場合は、謙虚に準1級へ一旦戻りましょう。あせらず、基礎を固めることが大切です。

過去問は週1~2回がオススメ

週に1~2回分ずつやるのがオススメです。一度に全部やらないで、大問1だけやるという方法でもOKです。

★リスニングのコツ「最初の5語に全集中」

リスニングのコツは最初の5語に集中するです。

英語は最初にたいせつな情報がきます。過去問からの抜粋です。

What does the woman ask the man to do?


How did the man go home from Jefferson Station?

最初の5語に「疑問詞+主語+動詞」がきます。この情報を聞き逃すと、何もわかりません。

逆にあとのほうが聞き取れなくても、What does the woman ask …? が分かればだいたい内容がつかめるはずです。

リスニングが苦手な人の多くは、最初の5語を聞き逃してしまいます。まずは最初の5語に全集中することを意識してみてください。

疑問文だろうと普通の文だろうと最初の5語に集中するという意識を持つと、だんだん英語が聞き取れるようになってきます。

裏ワザはありませんが、「最初の5語に全集中」を試してみてくださいね。

英検1級 過去6回全問題集

過去問6回分
 (5)
過去問はこれしかない
 (5)
2023年出版
 (5)
おすすめ度
 (5)

英検1級 過去6回全問題集は旺文社が出版している過去問です。

英検1級の唯一の過去問

英検1級の唯一の過去問です。選択肢はありません。

ライティングとスピーキングの模範解答は、絶対に真似できないレベルになっているので、違う参考書で練習することをおすすめします。

リスニングに関しては特に問題ないので、過去問で実践練習を積みましょう。

DAILY30日間 英検1級 集中ゼミ

問題集
 (5)
30分×30回
 (4.5)
2023年出版
 (5)
おすすめ度
 (5)

DAILY30日間 英検1級 集中ゼミも旺文社出版の問題集です。

過去問が好きでない人向け

過去問ではうまく勉強のペースがつかめない人向けの参考書です。

30分で終わらない部分もありますが、45分くらい余裕をもって計画を立てれば問題ありません。

問題形式になれるための参考書として活躍します。

⑥ プラスアルファでオンライン英会話

プラスアルファでおすすめオンライン英会話を紹介します。

オンライン英会話はやった方がベター

オンライン英会話はやった方が良いです。

よくブログでも「独学で英検1級合格!」という記事を見ますが、現実はなかなか難しいと思います。もちろん、独学で合格されていている方が少なくないのも事実です。

しかし、二次試験で「2分間スピーチ」もあります。海外経験が少なかったり、職場で英語を使わない人は、スピーキングをする機会を確保した方が良いです。

そこで、オンライン英会話がリーズナブルでおすすめです。

スピーキングをやるとリスニング力がつく

スピーキングをすることでリスニングを飛躍的に上げることができます。

「書けるようになると読めるようになる。話せるようになると聞けるようになる」と言われています。

能動的 ライティング

    ↕

受動的 リーディング

能動的 スピーキング

    ↕

受動的 リスニング

そもそも英語を勉強している理由は、話せるようになるためだと思います。

大量のインプットと少量のアウトプットが英語力をアップさせると言われているので、アウトプットを確保するためにオンライン英会話がオススメです。

ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプはオンライン英会話会員数No.1です。

講師はフィリピン人かセルビア人が多い

講師はフィリピン人かセルビア人(ヨーロッパの東にある国)が多いです。

「ネイティブじゃなきゃとヤダ」という人もいますが、聞くのが目的でなく、「話す」のが目的なので、あまり気にする必要はありません。

「講師が話す英語を聞き取ることでリスニング力がアップ」という側面もありますが、「話すことで頭の中で、英語の処理能力をアップさせる」ことが目的だからです。

まずは無料体験をしてみる

迷ったら無料体験をしてみましょう。

「やらない後悔よりもやる後悔」

よく言われる言葉です。「オンライン英会話絶対ヤダ」と思ったひとは、それはそれでOKです。参考書で勉強しましょう。

少しでも迷った人は無料体験ならお金もかからないのでやってみてはいかがでしょうか。

使い方 (デイリーニュースがおすすめ)

ネイティブキャンプには「英検二次試験対策」という教材がありますが、デイリーニュースがおすすめです。

デイリーニュースは旬の話題を通じて、単語学習・内容理解・ディスカッションを行います。

むずかしい単語を先に講師と勉強して、リスニングして、内容理解をして、音読をして、ディスカッションをするという流れです。

「ディスカッション」と聞くと少し難しそうですが、ただの質問されて答えるだけなので、心配いりません。

英語を話す機会を増やそう

英語の勉強をしているのに、話す訓練をしていない人が大多数です。

それでは話せるようにならないですよね。

独り言でもオンライン英会話でもいいので、スピーキングの練習をしましょう。

スピーキング=リスニング力もアップ

⑦ おすすめ参考書ルート

わたしがもう一度1級のリスニング対策をするなら、このルートで勉強します。

アメリカ英語発音入門 完全ガイドで発音の勉強をする。

文で覚える単熟語で準1級を復習する。

英検準1級過去問集を週に1~2回やる。2回連続8割とれたら、1級の多読を始める。

文で覚える単熟語1級でリスニング力をアップさせる。

英検1級 過去6回全問題集で実践力をつける。

ネイティブキャンプでスピーキング力を鍛えつつ、リスニング力をつける。

⑧ さいごに

勉強法

発音を覚える
英語発音入門 完全ガイドがおすすめ

② 準1級レベルの多聴をやる

文で覚える単熟語準1級がおすすめ

準1級の過去問をやる

英検準1級過去問集がおすすめ

④ 1級レベルの多聴をやる

文で覚える単熟語1級がおすすめ

⑤ 1級の過去問をやる
英検1級 過去6回全問題集がおすすめ

⑥ +α オンライン英会話
→できればやる

さいごまでご覧いただきありがとうございます。この記事はわたしが実際にわたしがやった勉強法です。多くの方に再現性がある勉強法だと自負しています。

この方法が必ず正しいとはかぎりませんが、参考になれば幸いです。

こちらの記事も、ぜひ読んでくださいね。

英検1級に一発合格する勉強法と参考書
→【まずはコレ】1級全体の勉強について

英検1級語彙対策-おすすめ単語帳10選
→1級の単語の勉強について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です