【英検難化】要約は15分で解く!!英検2024年リニューアル

・英検2024年のリニューアルの概要
・ライティング難化:要約問題とEメール問題の追加

・要約問題を解く目安は15分

2024年に英検は大幅にリニューアルされます

この記事を読めば、2024年に実施される英検がどのように変わるのかを理解することができます。

0.最初にまとめ

大きな3つの変更点

・要約問題あるいはEメール問題が追加

・追加された問題は15分で解く

・時間が足りない受験生が増える

2024年度からライティングは難化します。

いままでのライティングは、英作文力ががなくてもテンプレを丸暗記で乗り越えることができました。

しかし、ライティング問題が追加されることで、ライティングで高得点を取ることが難しくなります。

また、1級から2級まで試験時間の変更がなく、約15分くらい分の問題が削除されます。

そのため要約問題やEメール問題をやる時間はおよそ15分くらいです。

今までは英検で「時間が足りない」という人は多くありませんでしたが、時間が足りなくなる受験生がふえるでしょう。

1.英検1級の変更について

英検1級の変更点は以下の3つです。

・英語要約問題の追加 (90-110語)

・単語21問→18問へ

・長文1問削除

試験時間は変わりません。

単語は1問30秒、長文は1題12分くらいで解くのが目安でした。

そのため、要約問題のために約13分ほどの問題が削除されました。

これは英検協会が発表した要約問題の例題です。309語の英語で書かれた英文を90-110語に要約しなければいけません。

1級の問題は時間的に余裕がありました。

しかし、要約問題が追加されたことで「時間が足りない」という声は今までよりも多くなるでしょう。

大学入試の共通テストやTOEICのように、処理速度が求められるよう時代になりました。

2.準1級の変更について

準1級の変更点は以下の3つです。

・英語要約問題の追加 (60-70語)

・単語21問→14問へ

・長文1問削除

試験時間は変わりません。

単語は1問30秒、長文は1題12分くらいで解くのが目安でした。

そのため、要約問題のために約15分ほどの問題が削除されました。

また、今まで語彙問題と読解問題の比率は25:16と語彙問題の比重がかなり高かったです。
※配点は同じ

しかし、2024年度のリニューアルから語彙問題と読解問題の比率は18:13となるため、読解問題の比重が上がります

189語の英語で書かれた英文を60-70語に要約しなければいけません

これを15分でやるというのはなかなか難しいでしょう。

今までは120-150語の英作文に時間を35分使っても大丈夫でした。

しかし、今後は時間配分についてよく考える必要がありそうです。

3.2級の変更について

2級の変更点は以下の3つです。

・英語要約問題の追加 (45-55語)

・文法問題5問→2問?へ

・長文1問削除

試験時間は変わりません。

英検の案内文では文法問題「など」が3問削除と書いてあったので、文法問題3問削除ではなく、文法問題2問、熟語問題1問削除の可能性もあります。

文法は1問30秒、長文は1題12分くらいで解くのが目安でした。

そのため、要約問題のために約15分ほどの問題が削除されました。

154語の英語で書かれた英文を45-55語に要約しなければいけません。

これを15分でやる必要があります。

こちらはある程度訓練すれば約50語で要約を書くというのは難しくないでしょう。

要約問題の解き方などは英検協会から発表があり次第お伝えします。

4.準2級の変更について

準2級の変更点は以下の4つです。

・試験時間 5 分追加

・Eメール問題 (40-50語) 追加

・熟語7問・文法3問→合計5問へ

・空所補充問題の長文1問削除

試験時間は5分増えました。

いままでは熟語問題7問、文法問題3問でした。今後は、熟語3問、文法2問になると思います。

文法は1問30秒、空所補充問題は1題8分くらいで解くのが目安でした。

そのため、Eメール問題のために約10分ほどの問題が削除されました。

試験時間が5分伸びたことを考えると、Eメール問題は15分で解くべきでしょう。

これを15分でやる必要があります。

こちらの問題の模範解答がまだ発表されていないので、詳しいことはまだわかりません。

今は中学3年生が高校受験の加点目的で英検準2級を取ることも珍しくない時代になりました。

ライティング問題がふえるということは中学生にとって負担であることは間違いありません。

5.3級の変更について

3級の変更点は以下の3つです。

・試験時間 15 分追加

・Eメール問題 (15-25語) 追加

・問題形式に変化なし

試験時間は15分も増えました。今回の変更で一番大きい変化です。

問題形式はEメール問題追加以外何もありません。

必然的にEメール問題は15分で解くことが目安になります。

基本的な英語力が試される問題です。

5W1Hに対する応答方法を練習すれば高得点をねらえるでしょう。

6.まとめ

大きな3つの変更点

・要約問題あるいはEメール問題が追加

・追加された問題は15分で解く

・時間が足りない受験生が増える

受験生にとっては大きな変化となります。

しかし、英語力を身につけるという観点ではいい変更です。

今までのライティングはテンプレだけでのりこえることができましたが、本当の力が試されるようになったからです。

インプットだけの学習ではなく、日ごろからアウトプットを心がけましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です